あっ、かわいい布みつけた!


2004年12月09日

手作り足袋完成1

手作り足袋足袋を完成させました。
とりあえず、最初は家にあった端切れを使って、柄取りとかあんまり考えずに、作り方だけを覚えるために作成。
作り方は「暮らしの手帖13号」参照。
すべて手縫いで作成。この頃はミシンを出すのがおっくうだった…。
表生地はドラゴン柄のベージュ。裏は星がいっぱいプリントされているブロード。表生地はブロードよりちょっと厚い目。底は本通りキルト布を使ってみた。

型紙どおりでほぼジャストサイズ!なのがうれしいところ。
私は人差し指がちょっと長い目なので、そこらへんを補正することにする。
縫うのも特に困難なところはないのだけれど、唯一大変だったのは指先の丸みのところ。
キレイにいせこんで縫うのが難しい。表に返した時に変なシワが寄っているのだ。

どうやら、いせこむところはしつけを2重にして引っ張りつつしわを寄せるとキレイにいくらしい。と後で調べてわかりました。
まだ試してませんけども。やはり、時間をかけて丁寧にすると綺麗な仕上がりにはなるようです。

いせ込みに失敗しても、不細工なところは足の下になっちゃうところなので、履けば気にならないです。
こはぜの代わりにスナップにしてみたけど、まあまあいい感じ。
こはぜの方が足首にぴったりすると思います。
マジックテープにしてみようかとも思いましたが、どうもしっくりこないので私は使わないと思います。
posted by ろた at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

足袋作り

qqq

前々から作りたいと思っていたのだが、なかなか簡単そうに見えて、難しそうだったので一歩踏み出せていませんでしたが、
たまたま本屋で「暮らしの手帖13号」を立ち読みしていたら「足袋」の作り方を発見してしまったので、そのままレジへ向かいました。

はぎれ程度の布地で作れるはずなので、いつも1m単位で布地を買ってきてしまう私は、在庫ばかりを抱えてちょっと悩んでおりました。

しかも最近は着物の古着や解きなんかも加わって六畳間は飽和状態です。

それでというわけではありませんが、足袋を作ってみています。

(これが成功すれば、おしゃれ足袋がわんさか作れる!柄足袋レース足袋別珍足袋フリース足袋!)

と夢は広がります。

足袋って三足千円デフォルトの靴下に比べれば、とても高価なのです。
白足袋なら一足千円程度でも探せばありますが、柄物や色物は三千円だして好きなのがあればラッキーです。

一足三千円は今の私にはつらすぎます。

なので自作してみよう。とずっと思っていたのです。

暮らしの手帖では林ことみさんの連載として足袋の作り方が載っています。
型紙もついているのでお得!
足袋の型紙というのはあまりないようで、和裁の本にも載っているのは見たことがありません。
和裁ではないのかしら。職人仕事?
本式の作り方ではないのかもしれませんが、履いておかしくなければ十分でしょう。
付け帯といっしょです。

とりあえず、家にある生地で型紙通りで今は作ってます。
あとで自分の足にあわせて微調整するつもり。

できあがったら、詳細をまた書こうと思います。


林ことみさんのニットシューズの本です。
布帛ではありませんが毛糸の足袋!が載ってますよ。
ベビー用が多いので、赤ちゃんが生まれた人にプレゼントしてみては?



足袋といえば、
こういうのを作るのがあこがれ…
オリジナル お洒落足袋赤と白のボーダー

こういうのも非常にいかしますな。
ツモリチサト 足袋ワンポイント刺繍(白) 花とてんとう虫
posted by ろた at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。