あっ、かわいい布みつけた!


2005年03月14日

ラウンドバッグ

P3080013.JPG

足袋作りをほったらかして、しばらくバッグをつくっていた。
というのも、「シンプルで愛しい古裂のバッグ」という本を購入したので早速作りやすそうなものから試しているからである。
ネット上をなに気なく散策していると「ラウンドバッグ」なる鞄が載っていて、ファスナーや持ち手なんかの副素材いらずの布のみの単純構造というのに引かれ、早速本屋を回って手に入れた。

で、作りました。
本では合皮と古裂のコンビなのだが、合皮がないのでとりあえずその辺の布(綿の普通地くらいの厚さ)で作ってみた。

古裂の部分は以前四天王寺で買った500円のよれよれの羽織を解いたもの。柄がお気に入りだったし。木綿だと思っていたけど、触っているうちに解けてきた所の繊維の感じが絹っぽい。

手持ちのそこそこ厚手の接着芯を張って使用。

裏地は本当は紫系の色にしたかったのだが、ないので緑の縞。

本通りに作っていくが、持ち手部分でひっくり返すのはどうも無理そうなので、裏の底部分を開けてそこからひっくり返した。
カーブ部分のステッチがうまくいかない。
これはミシンに慣れるしかないか。
真っ直ぐに縫う時は、ミシンの針の横(目盛りがついているところあたり)に磁石をおいてくっつけてガイドとするとわりと真っ直ぐ縫える!
すばらしい。
本当はステッチガイドみたいなのを買ってつければもっといいのだろうけど、合うのはあるのかしら。
うちのはヨドバシカメラで買った家庭用のミシンですから。

とりあえず勢いで作り上げる。
思ったよりクタクタだ。もっとバリッとした接着芯の方がしっかりするよう。サブバッグとして折り畳んで持ったりするにはこのくらいでいいかも。キルト芯を入れたりするのもいいかなあ?


------
▼今回の参考図書▼


ステッチ定規というものをつけると一定幅にきれいに縫えるみたいです。
↓みたいなの。家庭用とのことで職業用じゃなくても使えるようですね。
ステッチ定規
posted by ろた at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | バッグ・小物類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。