あっ、かわいい布みつけた!


2005年05月17日

青木和子のバッグ・レシピ



この本を見つけた時はちょっと小躍りしてしまいました。
元々北欧のデザインが大好きで、マリメッコのバッグやポーチなどをちょこちょこ集めていたり、ヤコブセンのチェアが憧れだったりする私は、表紙のバッグの色合いと、中身を開いた時のカラフル具合にしてやられちゃいました。
青木さんというと草花の刺繍のイメージが強かったのですが、こんな本も出されていたなんてしりませんでした。
スウェーデンの旅をモチーフに、ということでとっても北欧的な感じでいて、テクニック的にはシンプルなものが沢山あります。
刺繍をしっかり刺したり、アップリケと刺繍を複雑に組み合わせるというよりも、模様のパターンを作るために刺繍、又はアップリケをしているというかんじです。
中林ういさんのものをよりグラフィック的にシンプルにしたような印象を受けました。(ういさんのはいくらか叙情的な印象)
モチーフもとってもかわいいし、自分の好きな雑貨や海外旅行のおみやげなんかから新しいオリジナルのモチーフを見つけて、応用できそうな気がする本です。

個人的にはフェルトを組み合わせて作るストライプのバッグやがま口に一目惚れです!
細く切ったフェルトでストライプの布地を作るってとっても単純だけど、今までやったことなかった…。フェルトなので端の処理がいらなくてとっても単純です。
色あわせもとても楽しそうです。是非作ってみようと今日は型紙をつくりました!

青木和子のバッグ・レシピ―スウェーデンの旅をモチーフに
posted by ろた at 01:10| Comment(0) | TrackBack(1) | バッグ・小物類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

青木和子のバッグ・レシピ―スウェーデンの旅をモチーフに
Excerpt: 青木和子のバッグ・レシピ―スウェーデンの旅をモチーフに スウェーデン独特のうす焼きの乾パン・クネッケや木のバターナイフ、北欧に住む妖精・トムテなど、スウェーデンでであった人、モノ、風景をモチーフに..
Weblog: 手作りしましょ!
Tracked: 2005-05-22 11:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。