あっ、かわいい布みつけた!


2005年06月27日

折形レッスン―美しい日本の包み方


折形レッスン―美しい日本の包み方

本屋さんでふらふらと立ち読みをしていたら、いっさつの淡い色合いの本に出会いました。
何々、折形とな。
折形にはこれまで興味があるんだけど、日常的に使っていないし、誰かに何かを差し上げるといったこともめったにないので、ちょっと勉強しようかな、というような気持ちが起こっていませんでした。
しかし、この本をパラパラとめくってみると、そのスタイリッシュな写真にうっとりしてしまったのです。
シンプルでそれでいてデコレーションの気持ちが表現されているこの日本文化を私が継承していないなんて…
なんとももったいない気持ちです。お祝いを包むにしても、コンビニや文房具店ののし袋でさっさとすましてしまう日常。
なんとも惜しいことをしていたというような心持ちになります。
それくらい、この折形はむずかしくなく、それでいて日本のうやまう心やちょっとした遊び心なんかも素敵にかわいらしく、時には大人っぽく楽しんで作れるんだということを教えてくれます。

小さな贈り物(ピアスやバッヂ)なんかの包み方も書いてあって、「昔ながらの」なんていうイメージとは無縁です。

かつての日本人はモダンでシンプルでおしゃれなんだということを再認識しました。
私も使いこなしたい!というわけで、最近のおすすめ本です。
レッツ折形!
posted by ろた at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。